TOP > CATEGORY - イニシエ基本情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イニシエダンジョンとは?

ini1.png

miya_omaruさんが製作されてるダンジョン探索型アクションRPGです。
地下深くに眠る伝説のお宝『不老不死の水』を入手するのが目的です。ドット絵が特徴。
無料です^^

2015年7月20日の昼間頃に、無事に正式版が公開されました(*´▽`*)
イニシエダンジョンをプレイする

続きを読む

スポンサーサイト

ID登録の仕方~冒険開始まで

では実際にイニシエダンジョンをプレイするために登録しましょう^^
このページでは順にプレイ方法を説明致します。
難しくないので気楽に構えてくださいね。


ゲームをプレイできるようになるまで


1.IDを登録する

イニシエダンジョンではプレイする前に自分のアカウントが必要になります。
イニシエダンジョンに飛ぶ

2014年11月15日現在、アカウントは作成出来ません
※追記:2015年7月20日より、イニシエダンジョンの正式版が公開されました!

タイトル画面でっせー
▲上の画像の左上の赤い四角で囲ってある鍵マークのところをクリックします。


アカウント作成画面
▲するとIDとパスワードを設定する画面になります。

IDは半角英数字(小文字のみ)で4~12文字まで
パスワードは半角英数字(大文字と小文字は区別されます)で6~12文字までとなっています。
※今後使います
入力して、『アカウントをつくる』をクリックしたら準備完了です^^


2.キャラを作る

2アカウント作成画面
▲剣のマークのアイコンをクリックして、自分の好きな名前を入力します。
(※他プレイヤーが見る可能性があるので注意しましょう)

名前の上のキャラクターのアイコンはクリックする度に
ランダムで容姿が変わります。かなりの種類が。
小ネタですが500分の1程の確率で素っ裸になったり初音ミクのような外見になったりするようです
キーボードの矢印キーやW、A、S、Dキーを押すと
キャラクターの方向転換が可能です。

自分の納得の行く、キャラクターと名前になったら
右下のほうにある『けってい』を押してキャラ作成完了です!
いよいよゲーム本番です^^

3.冒険開始

ちゅーとりある
▲最初に基本的な動きや戦いができるチュートリアルができます。

キーボードの矢印キー、もしくはW、A、S、Dキーで
キャラクターの操作ができます。
Wはキャラを上に、Aは左に、Sは下に、Dは右に動きます。

また、マウスの左クリックで
武器ごとに設定されてる固有の技を使用できます。

操作方法

ゲームの操作方法


操作方法


 wasd_key.png または arrow_key.png でキャラクターの移動

attack.png 敵にぶつかると戦闘(遠距離攻撃タイプもあるので必ずしも、ぶつかる必要があるわけでは無いです)

mouse.png マウスの左クリックで技の使用、人に話しかける、調べる、決定する などを行えます

1_key.png ~ 4_key.png のキーで、アイテムを使ったり、装備を出来たりします

q_key.png をクリックでライフポーション(持ってる場合)を使えます。

e_key.png を押すことでマナポーション(持ってる場合)を使えます。

esc_key.png を押すことでセーブ画面を開けます(セーブ、日誌、などで使うので覚えること

swap.png パーティに自分が作成した仲間がいる場合、先頭に持ってきたい仲間を左ダブルクリックすることで操作キャラを入れ替えることができます。



セーブのやり方


セーブしておわる
▲キーボードの左上にあるESCキーを押すことで、メニュー画面を開けます。
『セーブしておわる』をクリックすることでセーブ完了です。タイトルに戻ります。
※ダンジョン攻略時にも開けますがセーブ画面を開いても敵は止まらないので
注意しましょう。

他にも階段を上り下りした時、ダンジョンや町で死んでしまった時も自動的にセーブされます。
強制終了をした時もセーブはされますが…。


※ダンジョン攻略時にも開けますがメニュー画面を開いても敵は止まらないので
注意しましょう。


日誌の書き方


日誌
▲メニュー画面の右下にある、えんぴつのアイコンをクリックすることで、
日誌をつけることができます。

日誌をつけると、現在の階層のそれまでに自分が行動した記録が保存でき、
表示されるURLをコピーして掲示板などで書き込めば、公開することが出来ます^^


画面の説明

街の案内



β版との違い


完成版での追加要素


2014年8月21日まで第4回オープンβテストが公開されていました。
次回が何も問題が無ければ完成版になるそうですが、追加要素を書いていきたいと思います。

BGMが追加された。詳細を見る
今までイニシエダンジョンは効果音があるものの、音楽はありませんでした。


リプレイ機能が大幅改善された。
具体的な変更点は
・操作ウィンドウのデザインを変更。
・操作ウィンドウはカーソルを画面から外すと消えるように。
・再生中に音量調節が出来るようにた。
・コマ送り再生が出来るように。
・シークバーを実装。
▼シークバーとは▼
任意の時間を指定すると
再生地点からそこまで最大10倍速で追いかけるという仕組みだそう。
ただし、パソコンに負担をかけるそうです


100階のボスと前後のイベントシーン追加
このゲームの最終階のいわゆるラスボスの実装。


モンスター追加
100階に出現させるモンスターを追加


サブクエスト追加
本編とは独立した形で進行し、
進めるにつれて本編では語られなかった物語の背景が
少しずつ明るみになっていき、最後に合流する構成。


アップグレードシステム追加
自分のキャラが死亡した際にレベルに応じた個数ソウルが入手できる。
そのソウルを使ってキャラクターのステータスの底上げが可能(キャラ死亡時の喪失感温和目的だそう)


クエスト画面追加
というか、今までの『しょうごういちらん』画面がクエスト画面に。
・クエストにカーソルを当てることで、進行中のイベントの簡単な説明が見れる。
・クエストをクリアすることによりソウルが入手できる模様。ソウルはアップグレードに使える。

タイトル画面の修正
よりレトロなタイトルになった。


ユニークアイテムの実装
通常の武器と異なり変わり種の多い装備。中にはゲーム自体をがらりと変えてしまう強力なものも。


多数のバグ削除
山のようにあるバグ削除。でも完成版が公開されてからもバグ削除はしてくれる。

冒険の拠点 街の説明


拠点になる街


プレイヤーは常にダンジョンに潜っているわけではありません。
ダンジョンの階段を上り下りする際に町に戻ることができます。
操作キャラが死んでしまった場合は、強制的に次に始める時は町からです。

アルメナンドの街
町

ここがプレイヤーの拠点となります。
街には様々な施設があり、アイテムや武器を買ったり、
酒場で仲間を探したり、色々なことができます。

アルメナンド城
かつて魔王を討ち取った勇者オルバンスが築いたと云われる城。
現在は第13代目国王のタラバール王が治めている。
王様は2階にいる。

ダンジョンへの入り口
一番奥にある階段を下りることでダンジョン(1階)に行ける。
ダンジョンを進めていくことで、街の他の場所から入れるようにもなる。

ロジャーラウンジ(酒場)
街の左下にある、常に開いている酒場。
ここのマスターにお金を払うことで、連れていける仲間の数を増やせる。

増やせるようになった場合、酒場にいる人間に
左クリックでNPCとしてパーティに加えることも可能。
他にも情報交換をすることができる。
  

トーキンの薬屋
HPを回復できるライフポーション、MPを回復できるマナポーション、
状態異常を回復できるキュアポーションを身体の弱い店主が販売してる。

占いの館
お金を払うことで、冒険者の行く末を占ってくれる
街一番の美人のお姉さんが経営してる。

教会
神父さんが冒険者に基本的なシステムの説明をしてくれる。

墓場
冒険を進めると…。

地下牢
ダンジョンを6階まで進めると通れるようになる。
階段を下りると6階から始めることができる。

エドガーの鍛冶屋
色々な武器や防具を売ってる。
鍛冶屋だが今のところ装備を鍛えるようなことはできない。

ダンテの倉庫屋
店主に話しかけることにより、お金を預けることができる。
操作キャラクターが死んでしまった場合、持ってるお金は消えてしまうので、
小まめに預けると良いでしょう。

階段を下りればアイテムを落とすことで預けることもできる。

マゼンタの魔法屋
魔法の杖や契約書などを販売してるお店。
少し値が張るので序盤は買えないかも。

カノッサの宿屋
店主に話しかけて、お金を払うことで、
キャラクターのHPとMPを全回復させることができる。
良心的な値段。



街から出ることはできないのでプレイヤーはこの街が拠点となります。
その他 メモ
・鍛冶屋や魔法屋の品揃えは冒険を進めることにより
どんどん豊富になっていく(それに伴い値段もインフレ化する)
■イニシエ基本情報
■掲示板
■ジョブ(職業)と得意武器
■他の装備やアイテムなど
◆武器

ストーン

◆防具


◆装飾
リング
アミュレット

アイテム
■ダンジョン
■クエスト
■データ
■ついったー
■訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。